椎間板ヘルニアの手術PLDDについて知ろう|負担が少ない治療法

病院

悪性リンパ腫の種類

病院内

日本人の多くが非ホジキンリンパ種であるといわれていて、悪性リンパ腫を発症する年齢は60代以上の方がほとんどのようです。しかし、既に治療方法はいくつかあり、抗がん剤によるものや、放射線治療といったものがあります。

More Detail

ヘルニアの対処方法

腰を押さえる人

椎間板ヘルニアに治療方法にPLDDと呼ばれる手術法があります。PLDDとは、日本語で「経皮的レーザー椎間板髄核減圧術」といいます。具体的にどういった手術法かというと、レーザーによる組織蒸散にて治療する方法です。そもそも椎間板ヘルニアとは腰椎と腰椎の間にある椎間板が押し出されてはみ出てきた状態を指します。PLDDはレーザーを使って、そのはみ出た状態を元に戻すというわけです。PLDDで元に戻す場合、まず椎間板に針を指し、その針からレーザーを放出させ椎間板に穴をあけます。そうすることで椎間板がその穴を埋めるために萎縮し、そしてはみ出ていた部分がなくなるという手術法です。しかし、手術と聞くと外部でも内部でも麻酔や切開など誰でも不安になるかと思います。PLDDの手術法は切開ではなく、局所麻酔を打ち、その後針を通してレーザーを照射するということで患者への負担を少なくすることができます。現在、PLDDの手術が受けられる病院はまだ全国でも多くありません。また、手術による治療法のためそれなりに料金もかかります。
椎間板ヘルニアの場合は治療法は必ずしも手術によるものでなければいけないわけではなく、薬を飲んで解消することもできます。椎間板ヘルニアのほとんどは薬物療法だけで収まるともいわれています。あまりに症状がひどく薬物療法で収まらない場合には手術も検討するという流れになります。椎間板ヘルニアは一度発症してしまうと、癖になるともいわれています。そのため、腰を使った作業を行なう場合は椎間板ヘルニアにならないよう無理はしないようにしましょう。

在宅医療について学ぶ

横になる女性

病気になってしまったが、住み慣れた世田谷区の自分の家で治療したいという場合、在宅医療を活用するとよいでしょう。在宅医療であれば、自分の時間を取ることができ、通院費の削減もできます。

More Detail

咽頭がんの恐怖

病室

咽頭がんの発症は、50代以上がほとんどといわれていて、その発症原因は喫煙や飲酒によるものです。若い頃から吸ってきたタバコが原因で一度でも咽頭がんになってしまうと、治療後でも生活習慣に影響が出てきて、普通の生活が困難になることもあります。

More Detail