椎間板ヘルニアの手術PLDDについて知ろう|負担が少ない治療法

先生

咽頭がんの恐怖

病室

今日になるまで発見されているガンの種類は多くあり、その中の1つに咽頭がんというものがあります。咽頭がんと聞くと、ガンとは分かってはいてもその具体的な症状については知らないという方も多いかと思います。咽頭がんとは、のどの部分にできるガンの事です。咽頭は3つで区別されていて、上咽頭、中咽頭、下咽頭があります。また、咽頭がんもその3つで発症し、その症状も発症箇所によって異なります。上咽頭部のがんであれば、脳に近いこともあってガンが神経にまで影響を及ぼし、神経痛や頭痛などの症状を引き起こします。中咽頭であれば、扁桃腺が炎症を起こして腫れたり、痛んだりすることがあります。そして、下咽頭の場合には喉頭と呼ばれる呼吸をする部分で影響が出て、呼吸がしづらくなり声が枯れるといった症状がでるのです。
咽頭がんの原因となるのは、喫煙や飲酒が多いといわれています。咽頭がんは抗がん剤や放射線治療によって治すことができます。しかし、完治したからといって喫煙や飲酒をすると再発する可能性も否めません。再発してしまうと、抗がん剤や放射線治療も効きづらくなってしまい、完治することも難しくなってきます。咽頭がんは完治した後にも後遺症がでることがあります。その症状も様々で、中耳炎や食べ物や飲み物が飲み込みにくくなる嚥下障害、視覚障害、聴覚障害、神経麻痺などがあります。後遺症でも日常生活に影響を及ぼしてしまうことがあるので、医師の説明を受け、気になっている点があれば相談しておきましょう。咽頭がんは、もちろん発症しないことが一番ですので、日頃からタバコの吸いすぎや酒の飲み過ぎには注意しましょう。